ウツクシセツナキ
石塀 : SIGMA DP1x




石塀
SIGMA DP1x



スナップ写真は、自身の内面から湧きあがるイマージュの投影
というのは、なんとなく感じていたけれど
いのちを呼びさますもの」を読んで、そのことがよりはっきりとしたような感じ。

僕はいい写真を撮りたい、というよりも
「内面に一致させたい」という欲求のほうが強い。
被写体にピントを合わせているというよりも
内面にあるもの(得体のしれない、意味不明なもの)にピントをあわせた結果
外面でそれに近いものを切り取って(撮影して)顕在化する、という感じ。
まあ、誰でもそうなのだろうけれど。写真を撮る衝動が湧いている人というのは。

ちなみに、夜中にトイレに入った後に布団に入り、また寝に入るときのまどろみの時って
瞼の裏側に摩訶不思議なモザイク状(万華鏡のようでもある)のデザインが現れて
生き物のようにどんどん変化することがたびたびある。
これをそのまま画像キャプチャーできればいいのにと思うこと多々。
しかし翌朝はほとんどその絵柄を覚えていないというセツナサ。。





壁景 comments(0) -
素晴らしい本 : いのちを呼びさますもの 稲葉敏郎 著 





Panasonic DMC-LX100



新年早々に、素晴らしい本に出会いました。
お陰さま、ありがとう。

いのちを呼びさますもの 稲葉敏郎 著

まだ、全部読んでません。
でも、素晴らしい本である。確信。
もちろん僕にとってですが。

本を読むのもかなり久しぶりなのですが
加えて「もったいないからチビチビ読もう」と思うこと自体が、とっても珍しい。。

冒頭の言葉からハートにダイレクトに ひたっ と浸透してきて、驚き!
で、ここにアップしてしまいました。

後にこのブログに感想を書くかどうかわかりませんが。。
まずは、じっくり読み進めよう。。わくわく



生き物景 comments(0) -
今年もよろしくお願いします




French bread
SIGMA DP1x



遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年「こそ」皆さんにとって、そして僕にとっても
美味しい年になりますように。。





食景 comments(0) -
今年もお世話になりました




黄色い花
SIGMA DP1x



明日で2017年も終わりますね。
皆さまはどんな年だったでしょうか。
昨年の大みそかの記事では、驕れる者久しからずの年になるだろうと予想してましたが、まだ驕り続けているオッサンがわんさかいるようで。。
まあ、でも流石に今年は久しからずでしょうね。
つーかそうならないといろんな意味でアレですから。

この話は置いといて。

お陰さまで、このブログを見にきてくださる希有な方が少しづつ増えておりまして、本当に感謝です。
今年も見てくださり、ありがとうございました。
さて、2018年はどんな年になるかな。
僕の予想では、昨年以上にいろいろ変化に富んだ年になるのかなと。良きにつけ悪しきにつけ。

あ、そうそう、生姜紅茶ってダイエットき効きます!
僕は夜に1〜2杯飲むペースで、ひと月で8キロ落ちましたから。
これだけじゃなくて、コーヒーに砂糖とミルクを入れるのをやめたのと
夜に米を食べるのもやめたのも効いてると思いますが。

来年も皆さまにとって健やかな年となりますようお祈りしつつ。。
うんちょこちょこちょこぴーッ!



花・植物景 comments(0) -
赤い壁 : SIGMA DP1x




赤い壁 :  SIGMA DP1x
SIGMA DP1x










壁景 comments(0) -
花々 : SIGMA DP1x




花々: SIGMA DP1x
SIGMA DP1x










花・植物景 comments(0) -
PORSCHE 911 : LEICA X1




PORSCHE 911
LEICA X1



PORSCHE 911 は、車好きの「憧れの車」とのこと。
わかるよ。僕もそう。フンフンッ フンフンッ(激しく頷く)

旨みが ぎゅーっ としてるところが
どこか LEICA と共通している。

小さくてつるっとしていて、旨みぎゅーっ に
弱し。。






車景 comments(0) -
LEICA X1 SIGMA DP2x 比較 近景
こんどは絞り解放&近接撮影。
センターの赤い実にピントを合わせたつもりが、どっちも微妙にズレマシタネ。。

LEICA X1 TEST03
LEICA X1 (絞りF2.8, SS1/640,感度ISO100)

SIGMA DP2x TEST03
SIGMA DP2x(絞りF2.8, SS1/320,感度ISO100 )
※元がアンダー過ぎたので露出調整


まー、ずいぶんと色味が違います。
遠景の時よりも彩度に差が出てます。
この比較では、SIGMA DP2xの方が好みですね。
LEICA X1の空の青は少し違和感があります。

どっちも「赤」が飽和しやすい感じもしますね。
LEICA X2はどうなんだろうか。。

後ボケは SIGMA DP2x のほうがマイルドかもしれない。

SIGMA DP2xって銘機だと思う。




テスト comments(0) -
LEICA X1 SIGMA DP2x 比較 遠景その2
今度は縦位置で空と水面を多めに入れてみる。
ちょっとアンダー過ぎか。。

LEICA X1 TEST02
LEICA X1 (絞りF5.6,シャッタースピード1/320,感度ISO100)

SIGMA DP2x TEST02
SIGMA DP2x (絞りF5.6,シャッタースピード1/320,感度ISO100)


どちらも好きで落ち着く色調。。
これ以外の色味では満足できなくなっている。
(RICOH GR は例外。あの色味も好き)

こうしてみると、SIGMA DP2x のほうがワイルドな感じか。
LEICA X1 は線が細く、きめ細かな描写。
画素数も関係しているのだろうか。。

どちらも水面がリアルでよい感じ。







テスト comments(0) -
LEICA X1 & SIGMA DP2x TEST 遠景その1
手元に LEICA X1 と SIGMA DP2x があるので(共にセンサーサイズはAPS-C)
同じ景色を撮った時にどれだけ描写が違うのかテストしてみた。
どうもシグマDPシリーズはテストしてみたくなるカメラ。。

条件は、RAWではなくJPGの撮って出し&サイズ縮小での比較。色調はともに標準。
シャープネスやコントラストも標準(だったと思う)
ホワイトバランスは「晴れ」。

まずは遠景その1。上が LEICA X1、下が SIGMA DP2x。
レンズは X1 が36弌DP2x が 41mm(共に35亟校察砲覆里如X1のほうがやや広く写ります。

LEICA X1 TEST01
LEICA X1 (絞りF5.6,シャッタースピード1/320,感度ISO100)

SIGMA DP2x TEST01
SIGMA DP2x (絞りF5.6,シャッタースピード1/200,感度ISO100)


こうしてみると、渋い色調として名高い LEICA X1 のほうがややカラフルですね(笑)
DP2xのほうがよっぽど渋いし、独特の色調。
どちらのレンズもかなりシャープでありながら、それほど角ばった硬い感じになっていないし
がゆえに立体感が出ているところがワタクシノツボ。。
まあ、この2台があれば、スナップ撮りは十分だなぁと思わせるモノがあります。






テスト comments(0) -
| 1/81 | >>