ウツクシセツナキツブ
LEICA X1 & SIGMA DP2x TEST 遠景その1
手元に LEICA X1 と SIGMA DP2x があるので(共にセンサーサイズはAPS-C)
同じ景色を撮った時にどれだけ描写が違うのかテストしてみた。
どうもシグマDPシリーズはテストしてみたくなるカメラ。。

条件は、RAWではなくJPGの撮って出し&サイズ縮小での比較。色調はともに標準。
シャープネスやコントラストも標準(だったと思う)
ホワイトバランスは「晴れ」。

まずは遠景その1。上が LEICA X1、下が SIGMA DP2x。
レンズは X1 が36弌DP2x が 41mm(共に35亟校察砲覆里如X1のほうがやや広く写ります。

LEICA X1 TEST01
LEICA X1 (絞りF5.6,シャッタースピード1/320,感度ISO100)

SIGMA DP2x TEST01
SIGMA DP2x (絞りF5.6,シャッタースピード1/200,感度ISO100)


こうしてみると、渋い色調として名高い LEICA X1 のほうがややカラフルですね(笑)
DP2xのほうがよっぽど渋いし、独特の色調。
どちらのレンズもかなりシャープでありながら、それほど角ばった硬い感じになっていないし
がゆえに立体感が出ているところがワタクシノツボ。。
まあ、この2台があれば、スナップ撮りは十分だなぁと思わせるモノがあります。






テスト comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>