ウツクシセツナキツブ
道端に落ちていた花と葉:PENTAX KP + smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR




hanatoha
PENTAX KP + smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR



KPの画像処理エンジンは現時点で最新の「PRIME IV」。
これはフルサイズのK-1に搭載されているものと同じバージョンなのだが、なぜかさらにかなり高画質になっているような気がする。
もちろんKPはフルサイズセンサーよりも小さいサイズのAPS-CセンサーなのでK-1よりもトータルでの画質が劣るのはしょうがないのだが、
なんというのかな、艶というか、ウェットな感じ、パサパサしていないもっちり感に関して言えば、K-1よりもKPのほうが上なのかなと感じる。
つまりこの質感に限ってはK-1を超えているのではないかと。

KPには「アクセラレーター」というK-1には搭載されていない装置が付いていて
これは簡単に言えば、画像のディテールをしっかりと残しつつ不要なノイズを消して高画質化するための専用装置らしいのだが
この艶感は、これの効果なんだろうと思われる。
だとすれば、この装置が追加されるK-1mark兇はきだす画は、どんだけ艶めかしい画になるのやらと。。
しかも、ペンタックスならではの、通常ではありえない「PENTAX K-1」アップグレードサービスまで実施してくれるのだから、こりゃアップグレードしない手はないでしょと。
いう感じになっているのですが。。





花・植物景 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>