ウツクシセツナキツブ
木漏れ日 : RICOH GR

木漏れ日
RICOH GR


ちょっと時間が経ってしまったが、前回からの続き。
ここ数日、GRでスナップしていて感じたこと。

スナップ写真って、やっぱり面白い。

日常の中で、とある光景に触れて、何かを感じて、すぐ撮れること。
感じたときに、撮れる、というのがいい。

感じたときに「さっ」と撮れないカメラは、スナップカメラじゃないですね。
まごまごしてる間に光景が変わってしまう場合もあるし
たとえ静物であったとしても、その時感じたエネルギーがしゅーと消えてしまうので。

撮り手が光景に何かを感じ、その独特のエネルギーが撮り手から湧いているうちに撮らないと
その「感じ」が写真に写らない。
というのが持論。

同じ光景にシャッターを何度か切っても結局は一番最初に撮ったのが「良かった」
というのは、皆さんも経験があると思うけど
これも「湧き」が濃い時に撮ってるからなんだと思うのです。
「この端の写り込みが邪魔だから」ずらしてとか、構図の微調整をして数カット撮り
うまくいったような気になっていても、後で見なおしてみるとやっぱりどこかつまらないという。

胸ポケットからさっと出し起動して撮れる。
露出、マクロ、画角がしゅっと切り替えできる。
その動作が片手で無理なくできる。
しかもレンズが素晴らしいので、安心して撮影できる。
これがトータルで出来るカメラは、いまのところ RICOH GR 以外無いと思います。

続く
影景 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>